缶バッジのルーツ

缶バッジの歴史を振り返ると、その誕生は1828年のアメリカ大統領選にまで遡るとされ、これ以後、アメリカ大統領選では定番の宣伝広告アイテムとして活用され、今ではコレクターがいるほど人気のアイテムとなっております。またこうしたコレクターは、五輪関連や飲料メーカー関連など様々なターゲットを持ち、マニア同士の交流も盛んなようです。

そもそもバッチとは何なのか?

バッヂとは紋章や勲章、階級章などから発展したもので、その歴史を遡れば、遥か中世ヨーロッパにまで源流を求める事が出来ます。胸や襟などに付けられ、栄誉や名誉、所属先などを端的に表した物になります。

今とはだいぶ印象の違うバッジですが、現在でも警察官や政治家、一般企業 社員の皆様など幅広く活用されています。

ただし頭に缶と付けて缶バッチと呼ぶと、急に親しみあふれるファッションアイテムとしても人気です。

最もその人気に貢献したと思われるもの

オリジナル缶バッチの存在に大きく光を当てた物の中には、コカコーラ社もございます。そしてコカコーラ社がもたらした功績は、無料で配られ得る販促ノベルティ品としての可能性でした。

宣伝広告の意味合いが強く、無料で配布するよりも物販品として販売される事の多かった缶バッヂですが、コカコーラ社が販促ノベルティグッズとして使用したことにより、様々な活用方法が生まれました。

現在の形

ルーツを辿ると分かる事として、ほぼほぼ現在と使用方法が変わらない事に気付かされます。デザイン自体はフルカラーでの印刷が可能になったためや、単純に精密な造形が出来るようになったぐらいで、より視覚効果の高い缶バッチを作成する事が可能になりました。この流れの中で、もっと個性的な物をと求められる声に応じて、オリジナル製作が行なえる環境が整備されております。

当社ではオリジナル缶バッジの激安制作を行っております。当社が作成した製品は高品質であり、大変綺麗なプリントで表現されております。きっと、お客様がお求めになられる完成品をお届け致します。

オリジナル缶バッチが必要の際は何卒、当社までお問い合わせ、並びにお見積り依頼を行っていただきたいと思います。

営業時間:平日9:00~21:00/土曜9:00~18:00(日祝お休み)Mail:info@machine-trade.com お問い合わせはお気軽に

  • トップへ戻る